2006年1月 9日

ラジエータサポートシール その後

タンク90の中間地点で、ラジエータサポートシールを取り付けました。その後の経過part2です。

次のグラフは、MIM過少表示のトレンドを示したもの。クリックすると、きれいなものがポップアップします。

MIMの過少表示・・・エスハイには、MIM(マルチ・インフォメーション・ディスプレイ・・・本来MIDと略するべきものですが、エスハイ仲間うちでは、MIMのほうが一般的?です)が装備されており、燃費をモニターすることができます。誤差を含んでいるわけですが、一般的な満タン法で補正すると、5%ほど数値が大きめ(過大。km/L単位ですと、燃費が良い目)に出ているようです。私のは、現在、逆方向なので、過少表示と呼んでます。

グラフで青線で表示したものが、「満タン法燃費/MIM燃費−1」(単位:%)で、標準的な?5%過大表示から、7%の過少表示まで徐々に変化していることが見られます。

タンク90の中間地点で、ラジエータサポートシールを取り付け、その後、MIM過少表示の改善が見受けられていたので、その後の経過をチェックしてみました。

DSC02542.JPG
写真の赤で囲ってある部分のパーツが、ラジエータサポートシールです。
2.4Lのエスティマには装備されており、標準仕様と寒冷地仕様で形が少し異なります。

1タンク(満タン〜満タンまでの1周期です)1000km強のペースで、シールを取り付けてから、10,000km経過しました。気のせいとは思いますが、変化が見られます。
何せ、7〜8万kmかけて徐々に変化してきたものですから、急に元に戻ったりはしないと思います。
でも、気のせいか(しつこい)、元に戻りつつあります。(笑)

MIM過少表示がこの部品の影響・・・なんてことは信じてませんが、もっと様子を見てみようと思います。
上の写真の水色で囲った部品(吸気ダクトと呼んでますが)を外したり付けたりしてもMIM過少表示の推移に変化は見うけられませんでしたから・・・

2005年9月25日

ラジエータサポートシール

本日給油、今回も、1タンク1100kmオーバーでした。

MIM過少表示のトレンドを示したグラフです。クリックすると、きれいなものが見えます。
image007.gif
タンク90の中間地点で、ラジエータサポートシールを取り付けました。
こころなしか、MIM過少表示が改善されているような?

いつ取り外したかは記録に残すの忘れたみたいですが、かなり前です。
もし、この部品を外したことが原因なら、全く想定外(私の)です。
もう少し様子見・・・かな?

2005年5月26日

吸気ダクト外しの効果

duct01.gif
今年は、まだ、冬対策のうち、「吸気ダクト外し」だけ、そのままにしています。
1ヶ月少し経過したので、昨年のデータと比較してみました。
4/7〜5/24の間の燃費と気温の関係のグラフです。
燃費は、満タン法で補正しています。
補正係数は、初日の値で、昨年:約1.3%,今年:約5.0%。

暖かくなってくると、吸気ダクトを単に外しただけだと、あんまり効果ないのかなぁ。
エンジンパワーは抑制できている感じがするのですが・・・

duct02.gif
こちらは、帰りのデータ。
4/6〜5/17。
帰りは、モーター主体です。
こちらのほうも、あんまり効果ないか・・・

もう少し、様子見かな。

2004年12月 9日

冬支度の効果は?

データを取ろうかなとおもったけど、初日から、出鼻をくじかれ・・・
初日:通勤行きは、焼酎仕入れに遠回り&帰りは、いつもの道が通行止めで、最短に近いルートを帰るはめに・・・距離は短いけど、燃費はあんまり良くない。
2日目:通勤行きは、通行止めの道をトライ。通れるじゃないですか。(自己責任?)帰りも同じ道。なぜ通行止めか、いまいちわからないため、余裕を持って走行。
3日目(今日):通行止めの道を走ってみる。やっぱり、なぜ通行止めかわからない。午後に通勤してきた人に聞いてみると・・・斜面の上のほうでくずれかかっているらしい。帰りは、実家経由。スタッドレスタイヤを積み込んでしまいました。明日の通勤帰りか、明後日にでも、履き替えだぁ。
ということで、冬支度の効果は、判らずじまいで、冬に突入。(笑)

2004年12月 7日

冬支度

IMG_3579.jpg
本日、出勤前に、冬支度しました。
昨年と、同じパターン。

標準状態と違うのは・・・写真上から
吸気ダクト外しじゃばらまで残して、グリルまでのダクトを外します。吸気口に温度センサーを設置し、エンジンルーム内の温度および吸気温度をモニターします。
ラジエーターカバー外しこれは、年中やってます。
上部グリルふさぎ運転席側のみ、アルミテープでシールします。インバーターの冷却のため、助手席側は、そのままにしてあります。
下部グリルふさぎ100円ショップで売っていたB4横開きのZ−FILEっていうやつを切り抜いてカバーを作っています。結束バンドでグリルに取り付けています。

さて、効果のほどは?・・・本人は、効果はあると信じてやっています。

あくまでも、自己責任の範囲です・・・念のため。
私の場合、命綱は・・・吸気温度モニター用の温度計。70度まで測定できます。測定限界を超えると、ひやひやします。(爆)