詫間新四国88ケ所巡り 第1~14番

訪問したところ、大体の場所を絞り込んでいるところはopenstreetmapに登録しています。

詫間駅から第1番へのアクセス・・・三豊市コミュニティバス 2021.4現在
・高瀬仁尾線(日祝運休、1日4便) 本村中 下車
・詫間線(1日14便、日祝は1日7便) 浜田 下車 
・詫間三野線(日祝運休、1日6便) ピカソ浜田店 下車

バス停~第1番のルート

バス停~第1番のルート

第一番 霊山寺  釈迦如来

第1番は、宝林寺の山門を入ってすぐ左手です。

第1番

第1番

霊山寺本尊の釈迦如来と弘法大師。

第二番  極楽寺  阿弥陀如来

2番と3番は善性院の中にあります。宝林寺の山門を出て左手へ。突き当りを右に進むと善性院に突きあたります。 右手からくるっと回って、裏手がお寺の入り口です。
善性院入り口

善性院入り口

山門を入って、つきあたりの左手。
第2番、第3番

第2番、第3番

向かって左側の5体あるほうが第二番。

第2番

第2番

左から、あらわす観音、白旗観音、阿弥陀如来、勢至尊、弘法大師。
右端の石柱は、新四国の発願人、世話人を記したもの。

 

 

第三番  金泉寺  釈迦如来

第3番

第3番

左から、阿弥陀如来、釈迦如来、普賢尊

第四番  大日寺  大日如来

4番は、荒神宮にあります。善性院に入ったところから 反対側の細い道を入ると、右手。
荒神宮

荒神宮

鳥居右手の木の横
第4番

左から、毘沙門天、大日如来、不動明王

 

5番は、荒神宮の前の道を進み、突き当りを左手に。左に曲がってからは、そんなに遠くないです。

第五番  地蔵寺  地蔵菩薩

第5番

6番は、5番の前の道を進み、30mほど先の交差点を過ぎたとこ。角っこの右手。

第六番  安楽寺  薬師如来

第6番

7番へは、交差点に戻り、そのまままっすぐ進みます。(きちんとした十字路ではないので注意。5番に向かって右方向です。)昔の詫間越えの道に出たら右手に上っていきます。道なりに進むと墓地のところにあります。

第七番  十楽寺  阿弥陀如来

第7番

8番へは、さらに道なりに進みます。新しい詫間越えに出る手前の右手です。

第八番  熊谷寺 千手観音菩薩

第8番

9番へは、さらに旧道を進みます。右手です。

第九番  法輪寺 釈迦如来(涅槃)

第9番

10番は、さらに旧道を進みます。右手の畑の中にひっそりと佇んでいます。

第十番  切幡寺 千手観音菩薩

第10番

11番は、さらに旧道を進み、 新しい詫間越え を横断、わたってすぐのところにある、 篠谷池下流側の墓地の中 です。

第十一番  藤井寺 薬師如来

第11番

12番は、 11番から10番のほうに戻り、 新しい詫間越え を過ぎたあたりで左方向に入ります(下の写真の道)。電柱を目印に、右手へ。

11番から12番方面
タクカン47W1

タクカン47W1 から右手に入るとたどりつきやすいみたいです。畑のあぜ道を進み、山の中に分け入ります。

ひるね大師

途中、ひるね大師が道にねっころがってます。さらに進み

尾根に向かってグイグイすすみます。上の写真の尾根のあたりかな。

第十二番 焼山寺 虚空蔵菩薩

うつ伏せになっていました。

天を向けるまでがせいいっぱい。左が埋まっていた跡。

13,14番は、サオミ池の脇を進み、坂荒神宮のとなりの、本村上公民館の裏側に並んでいます。

第十三番 大日寺 十一面観音菩薩

13番

第十四番 常楽寺 弘法大師像のみ(ご本尊は弥勒菩薩)

14番

15番へは、道なりにおりて、ハス池の土手に出たら左へ。すぐに次の交差点があるので左へ。

タイトルとURLをコピーしました